あるくかい ゆうゆう

友遊の活動記録

会長の言葉

 
 会長 坂本 美智子
この会は、日ごろの運動不足を補うとともに、より多くの人たちと交流を図る目的でスタートしました。
 振り返れば、仲間同士の集まりのなかで数名が談笑しながら、山登りを中心とした会を作ったらどうだろうかという話になり、手紙で呼びかけたところ、発足総会に視覚障害者20名が集まりました。
 その場の話し合いにより、ともかく一度山に登ってみようということで1997年10月19日に最初の山行として宮島の弥山(みせん)登山をめざすこととなりました。 当日の参加者20名、うち晴眼者2名、弱視が全盲をサポートするという今から考えると無謀とも思える山行でした。ともかく無事に帰途につくことができました。
 以降会員の皆様方の努力により、まがりなりにも会員数約60名を有する会として現在に至っています。今後更にしっかりとした会へと脱皮するには、解決しなければならない問題は多数ありますが、中でも晴眼者の会員増加をはかることがこれからの最大のテーマです。

 2010年(平成22年)

 2009年(平成21年)

 2008年(平成20年)

トップページにもどる